スピリチュアルなおはなし

2019 セドナ体験記 番外編

昨日で終了したセドナ体験記シリーズですが、今日は紹介しきれなかった写真たちとともに、プチエピソードをご紹介していこうと思います。

行きのサンフランシスコ空港で見かけた、体の大きい人用の車いす

これ、比較物がないからちょっとわかりにくいですけど、日本にはない横幅の大きさでした。

仕事柄、車いすは毎日と言っていいほど目にするのですが、時々体の大きい人が入院してくると、車いすのサイズがなくて困ることがあります。

日本ではリースか特注で作ってもらうしかないんですが、さすが肥満体国アメリカ、空港にも常備されているんですねー^^

次は、フェニックス空港からホテルまで送ってくれたシャトルバス

結構大きくて、12人くらい乗れます。

日本のミニバンより大きくて、マイクロバスより中が広い!

とても快適な2時間半を過ごすことができました。

次の写真は、泊っていたホテルにあるプールです。

タオルも常備されていて、宿泊客は誰でも入れるようでした。

さすがに水着は持ってこなかったので、せめて雰囲気だけw

セドナって、いたるところに銅像みたいなものが建っています。

ホテルとホールフーズの間には、パワーストーンのような玉を持っている仙人のような像がありました。

それを激写している私を仲間が激写

初日、カセドラルロックでのひととき。

夜のファイヤーワーク。

3日間よく通った、ホールフーズの店内。

グロサリーの写真は残念ながら誰も撮影していませんでした・・・・^^;

毎日お世話になったグロサリー、本当に多くの種類のお惣菜が売られていて、見ているだけでワクワクしてしまいました♪

そして2日目、ラヒーリオのツアーでのひととき。

魂に忠実に、自然とともに生きるネイティブアメリカンの姿を直接感じることのできた素敵なツアーでした。

そして3日目。

水没する前の勇者その2(笑)

中洲から写真を撮ってくれているところです。
このあと、戻ってくるときに水没します(≧▽≦)

ここではキラキラ写真がたくさん撮れました♪

このあと向かったアップタウンにも銅像が。

羽の生えた女神のような人物に、蛇が巻き付いている神々しい銅像でした。

これはネイティブ・アメリカンを象った木彫りの像。

セドナっぽい!(笑)

3日目の最後、オフィシャルディナーを開いたチャイニーズレストランにあった提灯が怪しすぎて思わず激写☆

これ、日本人が文法や意味のメチャクチャな英語のTシャツ来てるのを、英語圏の人が見て笑っちゃうのと同じ感覚なんでしょうね。

なんとなくのイメージを大切にするという。

イメージで思い出しましたが、行きの羽田空港内でこんなTシャツの外人さんを発見!

八ッ橋・・・・・・w

こんなTシャツあるんですね!

ちょっと欲しいかもw

ということで、今回はセドナ体験記番外編をお送りしました♪

明日からは通常運用に戻ります。

台風が接近していますので、みなさま充分にご注意を・・・。

ピックアップ記事

  1. 好きなものは堂々と好きと言おう

関連記事

  1. スピリチュアルなおはなし

    願えば必ず叶う

     いつの間にかこのblogも、記事数が100を超えていました。…

  2. スピリチュアルなおはなし

    私が「遺言だと思って聴いてください」と言う時

     遺言という言葉の響きは、あまり居心地のいいものではありません。…

  3. スピリチュアルなおはなし

    12ステップ後に人生が激変したクライアントさんのおはなし

    ライフコーチをしていて一番嬉しいことは、クライアントさんの人生が良い…

  4. スピリチュアルなおはなし

    世間の騒ぎに惑わされないために必要なこととは

    生きにくさを感じる原因は、自分を見失っているからです。こんに…

  5. スピリチュアルなおはなし

    笑えない日もあるよね。

    毎朝、瞑想とblogを書くための時間を捻出するため、1時間早く起きて…

  6. スピリチュアルなおはなし

    必要な縁は人が運んでくる

    年が明けてから、起業関連の活動が増え、たくさんの出会いをいただいてい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. スピリチュアルなおはなし

    身体がこころに及ぼす影響の大きさについて
  2. スピリチュアルなおはなし

    居心地のいい場所から抜け出そう
  3. スピリチュアルなおはなし

    自分の中の 誰かのために
  4. スピリチュアルなおはなし

    他人に自分の価値を下げさせない
  5. スピリチュアルなおはなし

    この世に偶然はない、というお話
PAGE TOP