スピリチュアルなおはなし

「やる気スイッチ」を探そう

某学習塾のCMから始まって、すでに一般に使われるようになって久しい「やる気スイッチ」という言葉。

これを考えた人、本当にすごいと思いませんか?

まさに人のやる気って、スイッチのように一度入ったらオンになりっぱなしになりますよね。

でも、オンにならないうちは、どんなに「やらなきゃ!」と思ってもなかなか動き出せない。

宿題や課題の提出期限が迫っていて、やらないと後から自分が大変な思いをするとわかっていても、なかなか取り掛かれなかったという経験、多くの人がお持ちでなのはないでしょうか。

私も学生の頃は提出期限の前日の夜中になって、慌ててレポートを作成して、まさにやっつけ仕事の状態で提出するということを繰り返していました。

追い込まれないと力を発揮しないタイプだったのです。

その結果、クオリティは散々なものとなり、おそらく課題を出した先生から見たら、一発で見抜かれてしまうほどのやっつけ仕事っぷりだったと思います。

管理職になって、自分で自分の仕事をアレンジできるようになってからは、しっかりと計画を立てて前倒しでスケジュールを進めることができるようになりました。

逆に、時間に結構余裕がないと怖いと思うようになったんですね。

何か不測の事態が起きた時、時間があればある程度修正が可能になります。ですが時間ギリギリになってしまうと、例えば体調不良でお休みを頂くだとか、そんなことがあった場合に間に合わなくなってしまう可能性があります。

もともと責任感が強く、人の評価を気にするタイプだったので、自分がやらなければ人に迷惑がかかる類のものについては、そういう考えになっていたのだと思います。

仕事をあまりにも前倒しして完成させてしまったがために、それをやったこと自体を忘れてしまい、やっていないと思い込んで慌てて仕上げてから、前にやったものを発見してガックリするということも、ほんの時々でしたがありました(笑)。

そんな私ではありますが、ここ最近どうしてもやる気スイッチが入らない仕事を抱えています。

実はこの3月に、看護師向けの本2冊の執筆を受注していたんです。

そのうちの1冊はすでに出版社の方に回っているのですが、もう一冊の本がなかなか進まず困っている状態なのです。

東京オリンピックを間近に控えた今、英語の苦手な看護職が外国人患者さんに対応することができるようになるための本を出そうということで、年内の脱稿を目指しているんですが、これがなかなか進まない!^^;

すでに出版社に提出済みの原稿の方も、冒頭部分に手を付け始めてからしばらく経ってようやくエンジンがかかり始めて、実質的には最後の1カ月でほとんど仕上げたというような状態でしたが、今回のはさらにやる気が出ない!(>△<)

先週まで、5ページ分くらいしか書けていない状態でした。

今年もあと2カ月で終わろういう、11月の足音が聞こえ始めて、これはいよいよマズい!と焦り始めたのが先週末のこと。

なんと、それまで一日2行くらいしか進まなかった原稿が、やり方を変えた途端に一気に数ページ進んだんです。

それまでの進まなさ具合が何だったんだろうというくらい、サラサラと書き進めることができたのには、我ながらちょっとビックリしてしまいました。

やり方を変えたというのが最も大きな原因ではありますが、まず「やり方を変えよう」と思いつかなければ進めることはできなかったと思います。

で、やり方を変えることを思いついたのは、「この仕事を締め切りまでに仕上げなければ!」という気持ちが強くなり、自然とやる気スイッチが入ったからなんですよね。

それまではやる気スイッチが入らなかったから、やり方を変えてみるという簡単なことも思いつかなかったわけです。

PCを前にして思考停止している、そんな状態が長く続いていたんですね^^;

私の場合はこのように、締め切りというデッドラインがあることによって、「人に迷惑をかけられない」という責任感と、「自分の評価が下がると今後に影響する」という損得勘定が湧いてきて、圧が高まり体のどこかにあるやる気スイッチが押されるというメカニズムになっているのだろうと、最近自分で気づくことができたというわけです。

人によって、やる気スイッチの入るメカニズムは違うだろうと思うので、どうしても動けなくて困っている時は、いったんその仕事から離れて、どうしたらやる気スイッチが入るのかを考えてみることをお勧めしたいと思います。

私の場合、前述したように自分の裁量で進めることのできる仕事の場合は、締め切りよりもかなり前倒しで進めることができていたので、きっと誰かに主導権を握られている状態が窮屈に感じるのだろうということもわかりました。

あとは、多重課題が負担に感じるということも。

色々なことを一気に抱えてしまうと身動きが取れなくなってしまうので、自分のペースで一つずつクリアしていく方が、達成感が得られるということもわかっています。

今はやるべきことが多くて目が回りそうですが、とにかく今月は本を完成に近づけることを目標に頑張らなければと思い、やる気スイッチをオンにし続けようと、決意した今日この頃なのです。

☆★☆★☆★☆★☆ 体験セッション受付中! ☆★☆★☆★☆ ★☆
  *skypeやZOOMによるオンラインセッションとなります。
   全国どこからでもOK!
  *体験セッションは60分4,800円と超おトク!
  *さらに、体験セッションから12ステップセッションへ引き続き
   お申込みくださった方には、12ステップセッションに2万円の
   割引が適応されます。
  *ご興味のある方は、メールまたはFacebookのメッセンジャーから
   ご連絡ください。
      メール:m.kayamori0701@gmail.com
      Facebook:スピリチュアルライフコーチ 栢森まこと
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆ ★☆★☆★☆

ピックアップ記事

  1. 好きなものは堂々と好きと言おう

関連記事

  1. スピリチュアルなおはなし

    「宇宙のおためし」はすごかった!

    昨日の記事、「人生の選択に迷った時に、して欲しい質問」(リンク先参照…

  2. スピリチュアルなおはなし

    人を成長させる宇宙のお試しとは?

    変わらないことを良しとする潜在意識と、変わろうとする顕在意識のせめぎ…

  3. スピリチュアルなおはなし

    逆境を越えるために必要な3つのこと

     人生には逆境がつきものです。 順風満帆のまま一生を終えるこ…

  4. スピリチュアルなおはなし

    ワンオペ育児はなぜ辛いのか

     ワンオペ育児という言葉が一般的に使われるようになって、しばらく経ち…

  5. スピリチュアルなおはなし

    境界線とケガレのお話。

    ここ数日で、境界の引き方やケガレの概念などについてのblog記事やF…

  6. スピリチュアルなおはなし

    認知症にならないために大切なこと

    昨日は今勤務している病院で認知症研修があり、参加してきました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. スピリチュアルなおはなし

    物質たる人間も たどっていけば単なるスピリット
  2. スピリチュアルなおはなし

    「引き寄せの法則」の 落とし穴
  3. スピリチュアルなおはなし

    自分の価値は 自分で決める
  4. スピリチュアルなおはなし

    お賽銭の金額はコミットメント料
  5. スピリチュアルなおはなし

    「星に願いを」が正しい理由
PAGE TOP