スピリチュアルなおはなし

許せない人はいますか?

 生きていると色々なことが起こります。

 何もない人生なんてありえません。

 人生の中で、人は必ず悲しみ、苦しみ、絶望します。

 その経験のない人は一人もいないのです。

 もちろん、程度の差はあるでしょう。ある人の話す辛い経験が、別の人からみたら大したことのないものだという可能性はあります。

 でも、その人にとって辛い経験であれば、その人の人生に何らかの形で必ず影を落としているのです。

 かつて私には、許せない人がいました。

 もう十数年会ってはいませんが、生きているうちに会うことはないし、絶対に顔をみたくないほどの存在でした。

 許せないを通り越して、憎しみが溢れ返っていたと言ってもいいくらいでした。

 その人物への怒りや憎しみをバネにして生きていた時期もありました。

 思い出すたびに暗い気持ちになり、その人物から受けた仕打ちがフラッシュバックしてしまい、さらに深く考え込んでしまうというループにはまっていたのです。

 ですが最近では年月が経ったこともあって、ほとんど思い出さないようになっていました。

 私は私で、そこそこ楽しく生活しているし、もうその人物に対するこだわりはなくなったものと解釈していました。思い出さないこと=風化してどうでもよくなったことと思っていたのです。

 でも本当はまだ、その人物を許すことができていなかったことに、後に気づくことになります。

 顔を見たくない、会いたくないという感情をその人物に対して抱いていることがわかった時点で、まだ私の中の許しは終わっていないということに気づいたのです。

 本当に許しているならば、もしもばったりどこかで会うことがあったとしても、何も感じないはずです。なのに絶対に顔を見たくないという思いがあるということは、まだ許せていないということとイコールなわけです。

 その人物のせいで私と私に関わる人の人生がめちゃくちゃになってしまったという認識が、当時の私にはありました。私たちは被害者で、加害者たるその人物は一生償い続けるべきだし、そうしなければ許されないと考えていました。

 実際、人生をめちゃくちゃにされたのは事実ですから、何の疑いもなく犠牲者としての人生を生きていたのだと思います。

 でも、犠牲者として生きることは実は辛いものです。ですから私は無理やりその辛さに蓋をして、前を向いて歩くことにしました。

 自分の人生のキャリアプランとライフプランを立て、すべてを実現させました。

 生きることに必死になっている間は、その人物のことを考えなくてすみました。憎しみの感情もどこかに行ってしまいました。だからもう許したと思っていたのですが、本当の意味で許しは進んでおらず、ただ潜在意識の奥に押し込んで、見ないフリをしていただけだということに気づいたのです。

 気づいたきっかけは、12ステップライフコーチングでした。

 私の中にある恐れが、その人物の存在と繋がっていることがわかって、まだ許しと解放が進んでいないことを思い知らされることとなり、愕然としたのを覚えています。

 そのせいで自分の行動にブレーキがかかっていることにも気づきました。

 本当の意味での許しとは、その人物と出会ったことにはどんな意味があって、そこから自分は何を学び、何を得たかと考えることから始まります。

 私がその人物から得たもの、それはかけがえのないものでした。私はそのかけがえのないものを守ることに必死で、今まで色々なことに心を閉ざして生きてきたということに気づきました。守ろう守ろうと、そればかり考えてきたように思います。

 そのかけがえのないものをもたらしてくれたのは、憎むべきその人物です。
 出会ったことを後悔したこともありましたが、その人物と出会うことができなければ、私が必死で守ってきたかけがえのないものを手にすることはできなかったはずなのです。

 私がその人物と、あの時あのタイミングで出会ったのは、私の生きる意味と言ってもいいかけがえのないものを手にするためだったのだと、今では理解しています。

 そうすると不思議なもので、その人物に対する怒りや憎しみ、許せないという感情が、すーーーっと溶けていくように感じました。

 今では不思議と、思い出しても何の感情も起きませんし、もしもどこかで思いがけず会ったとしても、上手く対応できるような気がします。

 許せない人の存在は、私たちの人生を後ろ向きにしてしまいます。

 自分でも気づかないままそのことに囚われ続け、犠牲者として生きる道を選び続けてしまうのです。

 犠牲者としての人生を送ることは、楽しいことではありません。

 囚われの身から自由になること。それしか自分の人生を本当の意味で楽しんで生きることはできないのです。

 もし、あなたが、「許せない」と思っている人がいるとしたら。

 その人を許し、自分の中にある恐れを解放してあげてください。

 その人と出会ったことで自分は何を得たか、その人と出会ったことはどんな意味があったのか。

 そんな風に考えてみてください。

 誰かを憎むことは、その人の人生を生きているのと同じことです。

 それって、すごくもったいないですよね。

 一度しかないこの人生、どうせなら自分の人生を、思い切り楽しんで生きて欲しいと、そう思うのです。

 

☆★☆★☆★☆★☆ 体験セッション受付中! ☆★☆★☆★☆ ★☆
  *skypeやZOOMによるオンラインセッションとなります。
   全国どこからでもOK!
  *体験セッションは60分4,800円と超おトク!
  *さらに、体験セッションから12ステップセッションへ引き続き
   お申込みくださった方には、12ステップセッションに2万円の
   割引が適応されます。
  *ご興味のある方は、メールまたはFacebookのメッセンジャーから
   ご連絡ください。
      メール:m.kayamori0701@gmail.com
      Facebook:スピリチュアルライフコーチ 栢森まこと
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆ ★☆★☆★☆

 

 

 

 

 

ピックアップ記事

  1. 好きなものは堂々と好きと言おう

関連記事

  1. スピリチュアルなおはなし

    この世に誰かが存在し始めた日

     誕生日が特に楽しいと思えなくなったのはいつ頃からだったでしょうか。…

  2. スピリチュアルなおはなし

    世間の騒ぎに惑わされないために必要なこととは

    生きにくさを感じる原因は、自分を見失っているからです。こんに…

  3. スピリチュアルなおはなし

    「身の丈に合った」という言い訳の呪文

     私たちは人生の節目において、さまざまな選択をしてきています。…

  4. スピリチュアルなおはなし

    答えは自分の中にある

    何かで迷っていたり、悩んでいたりすると、たいてい誰かに相談しますよね…

  5. スピリチュアルなおはなし

    友達に相談してはいけない

     昨日の記事「壁は大きすぎると見えなくなる」(リンク先参照)では、身…

  6. スピリチュアルなおはなし

    HSPの症状を軽減させる方法

    今日はHSPについて解説してみたいと思います。 HSP とは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. スピリチュアルなおはなし

    仕事にやりがいを感じられないと必ず◯◯◯に影響が出ます
  2. スピリチュアルなおはなし

    結果には必ず原因がある
  3. スピリチュアルなおはなし

    明るさは才能だ!
  4. スピリチュアルなおはなし

    気分の浮き沈みと上手につきあう
  5. わたしのヒストリー

    渡英の頃② -人生の棚おろし⑫-
PAGE TOP