スピリチュアルなおはなし

波動の低い人とは 距離を置いた方がいい

 皆さんの周囲には、「この人とはちょっと合わないな」と感じる人が一人や二人いることと思います。

 それが友人だったり職場の同僚だったり、もしかすると家族、両親やきょうだい、子供だったりすることもあるかも知れません。

 「合わない」という感覚は、一般的にはよく相性が悪いという風に表現されます。これはもちろん単純に、話すといつも喧嘩になってしまうなどのはっきりしたものもありますが、それ以外のなんとなく調子が狂うとか、その人といると自分が素直に表現できないとかいう場合も含みます。

 相性がいいとか悪いとかいうことは確かにあって、一般に知られているものに例えてみると、占いなどが挙げられます。陰陽道では陰陽五行説と表現され、水は火に強く、火は金に強く、金は木に強く、木は土に強く、土は水に強いというように、それぞれがどのような力関係なのかを表しています。

 こういった、自然の摂理による一般的な相性の悪さは必ずあるので、それは今回の話からは除きます。

 今回の記事で取り上げたいのは、波動が合うか合わないかということです。

 私たちはすべて原子からできています。それらは常に振動し活動しているので、エネルギーという形で波動を生んでいます。その波動を私たちは感じて生きているのです。

 波動の高い人は明るく元気で、周囲によい影響を与えます。一緒にいると何故か安らいだり、気持ちが浮き立ってくるというような人に出会ったことがあるという方も、結構いるのではないでしょうか。

 相性とは関係なく、周囲の人によい影響を与えることのできる人の波動は高いということができます。

 しかし一方で、波動の低い人も残念ながら存在します。

 そばにいるとなんだか疲れる、気を使う、落ち着かない、そんな種類の人たちです。

 たいていそういった人たちの周りには、誰も寄ってきません。

 寄ってくる人がいるとしたら、それは用事があって仕方なくか、あるいはその人から何か恩恵を受けられると考えている人くらいです。

 近づくと何も得られないどころかダメージを受ける可能性があると感じた場合、人は感覚的にその人物から距離を取ろうとします。

 これは生き物として本能的なことなので、もしも周囲から煙たがられている人がいる場合は、無理して近づかないことが賢明です。
 例えていうなら、危険だと認識されている放射線を発していることがわかっている物質には近づかないのと同じことです。毒されてしまうのがわかっているのなら、最初から距離を取りましょうという意味です。

 そういった、誰にでもわかる波動の低さは感じやすいので対処できるのですが、そうでない場合は少し厄介です。

 以前はそうでもなかったけれど、だんだんと自分との波動の違いを感じるようになったパターンなどでは、簡単に距離を置くことができない場合があります。

 例えばパートナー。最初は一緒にいて楽しかったし、気持ちが安らぐと感じていたけれど、最近はなんだか合わないし、一緒にいると逆に疲れてしまうと感じるようになったとか、あるいは親やきょうだいとの関係が、成長するにつれておかしくなってきただとか、そういったケースです。

 近しい間柄の人と波動が合わないと感じる場合、多くの人がそんな風に感じてしまう自分を責めます。親の場合は育ててくれた恩だとか、パートナーの場合は生活を成り立たせてくれているからとか、そういった自分に対してしてくれていることを目の前に置いて眺めながら、なのに自分はこんな風に感じてしまうなんて悪いことだと、罪悪感を抱いてしまうことが多いように思います。

 ですが、そんな風に感じることを理由にして、自分の感覚を封じ込め一緒に居続けることは、本当は無駄なことでしかないのです。
 無駄どころか、害にしかならない場合がほとんどです。

波動の低い人と関わると、自分の波動も下がります。
 波動が下がると、活気がなくなります。
 活気がなくなると生きる気力がなくなって、体調を崩す原因になります。
 体調を崩しても戦う気力がないので、回復せずに死に至る場合もあるのです。

 心を良い状態に保つことで、身体の健康もある程度維持することができるものですが、その逆は病気になる可能性を加速させることになりかねません。

 たとえ身内であったとしても、自分と波動が合わず、一緒にいて心身に影響を与えてしまうような状態が続いているとしたら、それはおそらく、距離を取るべき時がきたのだと捉えてください。

 自分の人生は自分のものです。

 人のことを考え、自分の心身と人生を犠牲にするのは得策ではありません。

 たとえ親きょうだいであったとしても、永遠の愛を誓ったパートナーであったとしても、波動が合わなくなった時は離れる時です。

 そしてそれは、決して許されないことなどではありません。

 ワクワクする人生を生きること、心から人生を楽しむことが、私たちが生まれてきた意味です。

 幸せな人生を送るために、自分の本当にやりたいことを自由にやって、楽しく毎日を過ごすことができるように、是非この機会に波動について考えてみることを、お薦めしたいと思います。

 

☆★☆★☆ 体験セッション受付中! ☆★☆★☆
*skypeやZOOMによるオンラインセッションとなります。
 全国どこからでもOK!
*体験セッションは60分4,800円と超おトク!
*さらに、体験セッションから12ステップセッションへ引き続き
 お申込みくださった方には、12ステップセッションに2万円の
 割引が適応されます。
*ご興味のある方は、メールまたはFacebookのメッセンジャーから
 ご連絡ください。
  メール:m.kayamori0701@gmail.com
  Facebook:スピリチュアルライフコーチ 栢森まこと
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆

ピックアップ記事

  1. 好きなものは堂々と好きと言おう

関連記事

  1. スピリチュアルなおはなし

    「やる気スイッチ」を探そう

    某学習塾のCMから始まって、すでに一般に使われるようになって久しい「…

  2. スピリチュアルなおはなし

    2019 セドナ体験記⑧

    セドナ滞在最終日。前回は小川のほとりで瞑想の時間を取ることに…

  3. スピリチュアルなおはなし

    自分の本能、知りたいと思いませんか?

    自分のことって自分が一番、わかってなかったりするものなんですよね。…

  4. スピリチュアルなおはなし

    モチベーションは ○○をつけると上げられる

    人間が行動を起こす理由には2つあります。一つがそれをすること…

  5. スピリチュアルなおはなし

    「身の丈に合った」という言い訳の呪文

     私たちは人生の節目において、さまざまな選択をしてきています。…

  6. スピリチュアルなおはなし

    わたしたちは試されている

    新型コロナウイルスの影響で、各種イベントが中止になっています。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. blog

    選択権を放棄する人々     ―考えないのはラクなのか?
  2. スピリチュアルなおはなし

    変わらないことの言い訳を 美しい言葉で正当化する人たち
  3. スピリチュアルなおはなし

    「重く受け止め」て「気分が重くな」ってしまってはいませんか?
  4. スピリチュアルなおはなし

    風邪をひく人 ひかない人
  5. スピリチュアルなおはなし

    人は権威に弱い -正しい情報とは何かを考えよう-
PAGE TOP