スピリチュアルなおはなし

「宇宙のおためし」はすごかった!

昨日の記事、「人生の選択に迷った時に、して欲しい質問」(リンク先参照)で、ドリームキラーに打ち勝つための魔法の呪文について書きました。

実はあの記事、自分に対する戒めの意味も込められていたんです。

私は今の職場を3月で退職して、フリーランス活動に専念することを決めているのですが、退職する期日の3ヶ月前までには、退職の意向を伝えなければならないという内規があるので、12月中には自分の意志を直属の上司に話す必要があるんですね。

3月で退職となれば、12月いっぱいまでにそれを伝えなければならないということです。

もう11月に入ったので、いよいよ来月になったら言わなきゃなー、なんて言おうかなーと本格的に考え始めていた頃、なんと私の前にドリームキラーが現れたんです。

でも決心はだいぶ前についていて、4月以降のことについても計画を立てているので、いくらドリームキラーが現れたからと言って退職しないという選択肢はありません。

なのでちょっと宣言というか、自分自身に確認する意味を込めてあの記事を書いた、というのが真相です。

では、どんなドリームキラーが現れたのか。

それは、何を隠そう、自分自身です。

超マジメで、自己犠牲の精神に満ち溢れた、ずっと昔から自分のコアの部分にいる自分自身が、目の前に立ち塞がった、という感じでした。

以前から関連病院に異動の話は出ていて、私が異動すればいろんなことが丸く収まるという状況であることは知っていました。

その病院は看護部長が退職したことと、現場の管理職が不在であることから、うちの病院から師長・主任レベルの職員が出向している上、看護部長がちょくちょく行って調整しているという状況で、師長と主任を取られている部署にしわ寄せがいってしまているという状況です。

私が異動して管理を一手に引き受けることができれば、出向している職員も引き上げることができて、看護部長も様子を見に行かなくて良くなるというわけです。

昔の私であれば、「わかりました。私が行きます。」とあっさり手を挙げていたと思います。

誰もやりたがらないことを誰がやるかと牽制しあっているような雰囲気や、決めかねてグダグダして長引く会議に出席しているのがいたたまれなくなってしまい、自分がやれば丸く収まるという考えから、つい被ってしまうということを昔から繰り返してきた私。

そして、自分で手を挙げたにも関わらず、心の底に淀んでいる犠牲者マインドがふとした拍子に浮かび上がってきて、ネガティブな気持ちに襲われるというループに陥るというわけです。

でも、それが何も産まないことを学習した今となっては、決して自分から手を上げることはしないと決めていたし、異動の話が出てから今までそれでやり過ごしてきたんです。

でも、最近また異動の話を振られるようになった途端に、思わず「私が行けば丸く収まるなら・・・」という考えが頭をよぎってしまったんですよね。

でも、異動したら3月で辞めるなんてことは許されないだろうと思うし、通勤時間も1時間以上かかるようになって、今とはまったく違うライフスタイルを送る必要性に迫られるのは絶対に嫌なので、口が裂けても言ってはいけない、自分自身が自分の夢を壊すドリームキラーになってどうする、と自分に言い聞かせていたわけです。

だって、あと1年とかの時間を無駄にするなんて、耐えられないですもの。

組織にいることが向かない体質だとわかった時点で、すでに組織で働くことからは気持ちが離れているわけですから、長々と居続けることは害になることすらあれ何のメリットも無いわけです。

自分自身にとってはもちろんですが、そんな職員を雇用している組織にとっても、メリットは絶対にないはずなのです。

「決めれば宇宙は応援する」

とか、

「決めたことしか実現しない」

とか言います。

決心して、その方向に進む努力をしていれば、必ず道は開けるという意味の言葉です。

私自身、今までの人生で、自分で決めたことはだいたい実現してきた経緯があるので、このことはとても腑に落ちます。

でも今回はさすがにちょっとばかりハードルが高いようです。

雇用されて働くという人生に別れを告げて、自分自身で自分の人生を切り開くという生き方にシフトしようとしている今だからこそ、こうやって今まで通り組織に縛り付けておこうという、見えない力が働いているのを感じます。

昨日ライフコーチ仲間に、私が今こういう状況に陥っているということを話したら、「それは宇宙の与えた最後の試練だ」と言われました。

そうかー、このタイミングで、昔から繰り返すチャレンジがまた起きそうな場面を準備して、フリーランスになる覚悟が本当にあるのかを試してるのかー・・・と気づきました。

私達は魂の成長のために生きているわけですから、ハードルを乗り越えるまで何度でも同じ試練を与え続けるのが、この宇宙の仕組みなんですよね。

いやー、宇宙ハンパない!

最後の最後に、ちゃんと決心したのに、その決心が揺るぎないのかということを問いかけるような宇宙のおためしに、いま自分は直面しているんだと。

そう気づきました。

もうこうなったら、何が何でも宇宙の与える最終面接(あるいはラスボス戦・笑)を突破して、目指す道への通行手形をもらわなければならないと、決意を新たにしたわけです。

ここでラスボスを倒せばゲームクリア。
私が決めたことは必ず実現するはず。

そう思って、強い意志を持ち、周囲の環境というドリームキラーと、何よりも自分自身というドリームキラーに打ち勝っていこうと、決意を新たにした昨日の夜でした。

こういう時に気づきを与えてくれる仲間がいることに、めちゃくちゃ感謝の気持ちが湧いてきて、いろいろあるけど頑張らなきゃ!と気合を入れ直しております^^

で、ラスボス戦の前には十分な補給が必要。

回復アイテムやら装備やらを万全に整えるために、今週末はエネルギーチャージに行ってきまーす♪

☆★☆★☆★☆★☆ 体験セッション受付中! ☆★☆★☆★☆ ★☆
  *skypeやZOOMによるオンラインセッションとなります。
   全国どこからでもOK!
  *体験セッションは60分4,800円と超おトク!
  *さらに、体験セッションから12ステップセッションへ引き続き
   お申込みくださった方には、12ステップセッションに2万円の
   割引が適応されます。
  *ご興味のある方は、メールまたはFacebookのメッセンジャーから
   ご連絡ください。
      メール:m.kayamori0701あっとまーくgmail.com
      Facebook:スピリチュアルライフコーチ 栢森まこと
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆ ★☆★☆★☆

ピックアップ記事

  1. 好きなものは堂々と好きと言おう

関連記事

  1. スピリチュアルなおはなし

    目標を確実にクリアするために必要な 二つの約束

    11月から、とある起業塾に入塾した私。このクソ忙しいのによく…

  2. スピリチュアルなおはなし

    やりたいことを行動に移せないのは何故か

     掃除をしようと思っているのに、ついスマホをだらだら眺めてしまうなど…

  3. スピリチュアルなおはなし

    ビジネスの成功にもっとも必要なこととは?

    本質的な部分をないがしろにしていると調子よく動いていても…

  4. スピリチュアルなおはなし

    前代未聞といわれる天災から学ぶ、「ひとのため」に生きるということの意味

    今日の都内は、台風一過の快晴が広がって、さわやかな風が吹いています。…

  5. スピリチュアルなおはなし

    探しものにはペンジュラム

    私はスピリチュアルライフコーチという肩書きでお仕事をしていますが、実…

  6. スピリチュアルなおはなし

    自己開示しない人に 人は心を開かない

     昨夜は、高校時代の部活の友人たちと久しぶりに再会し、楽しい時間を過…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. スピリチュアルなおはなし

    「身の丈に合った」という言い訳の呪文
  2. スピリチュアルなおはなし

    人生は楽しむためにある
  3. スピリチュアルなおはなし

    直感は心のナビゲーションシステム
  4. スピリチュアルなおはなし

    自然治癒力を信じるとどうなるか研究しています
  5. blog

    蟹座満月の日 新たなスタート!
PAGE TOP