スピリチュアルなおはなし

「重く受け止め」て「気分が重くな」ってしまってはいませんか?

昨日私の勤務する病院に出入りしている業者から、マスクが欠品になるという情報が入ってきました。

250床以上ある病院なので、職員の数もかなりいて、12月から3月までの間は毎日マスクをすることが全職員の間で義務付けられていることから、一日に消費するマスクの数は相当なものです。

1日1枚ではなく、処置のたびに付け替える必要があったり、午前午後で新しいものにしなければならなかったりと、病院の感染対策は一般のそれとは違ってかなり厳しいものになっています。

そんな環境でマスクが入ってこないとなると、まさに死活問題なわけです。

次に納入される予定が2週間も先であるということと、それはあくまでも予定であって確定ではないということから、今の在庫をなんとか持たせるための話し合いが、感染対策担当の医師を中心に昨日行われました。

仮に一人一日一枚として2週間に消費される分を単純計算すると、在庫で賄うのは厳しいということがわかり、さらにその先も供給されないことを仮定して計算したところ、1枚のマスクを複数日に渡って使わなければならないという状況であることがわかりました。

本来その方法は感染対策的にはバッドルールです。でも、今は非常時なので通常の常識的な考え方が当てはまらない時だという前提のもとで考えれば、致し方ないことだということに合議の結果なりました。

この話をただ聞いていると、大変な状況だな、深刻だな、と思うかも知れません。

確かに、この話し合いの結果を通知する院内メールの文面は、非常にシリアスなものでした。

でもそれは職員に対して、「今は非常時ですよ、文句言ってる時じゃありませんよ、通常の常識で杓子定規的に判断しないでくださいね」、ということを伝えるためのものだからです。

状況を提示しても、正論を振りかざして文句を言って、周囲の空気を悪くする人がどこの組織にも居ますからね^^;

でも実は、対策を話し合っていた会議のメンバーはとても和気あいあいと、面白おかしくいろんなことを決めていたんです。

院内メールを打っている時、感染担当医が「地球存亡の危機って書いちゃえば?」と言ったと思えば、医事課担当者は「マスクを節約して地球を救うヒーローになろう!って添えます?」と返したりして、そんな深刻な状況に置かれているとは思えないほどたくさん笑って、ちょっと楽しみながら会議を進めていったんです。

各部署でそれぞれ管理しているマスクを集めて、シリアルナンバーを打って鍵付きのところに中央管理して、足りなくなったらナンバーを記録して一箱ずつ払い出すということにしたときも、その雰囲気をそのまま引きずりながら回収に行ったので、文句を言う人はあまりいませんでした。

「マスク1枚が一万円札くらいに貴重に見えます!」などと言いながら、うやうやしく受け取るという儀式をするスタッフも現れたりして(笑)。

このエピソードを通して気づいていただきたいのは、重く受け止めて対策しなければならないことがあっても、それを文字通り重く受け止めて気分まで重くなるのは得策ではないということです。

「これは大変だ」という状況に陥ると、頭であれこれ考えすぎてしまい、現状認識が過剰に深刻になりすぎてしまうことがあります。

要するに脳内で勝手に作り出した環境の中に自分を置いて、すでにその過酷さを味わって暗い気持ちになってしまうというわけです。

もちろん今回のマスクの件のように、このままのペースで使い続けていてはまずいということがわかっているなら、最悪のケースを考えて対策するのは必須なことです。

でも、今この瞬間は、マスクがまだあるわけですから、2週間先のことを考えて憂鬱になったりするのは、それとは少し違うことですよね。

もちろん、1枚のマスクを使い回すのは気持ち悪いし、それを思ってどんよりするのはわかります。でもその結果感染が起きたらどうしよう、などと、まだ起きてもいないことをあれこれ想像して、暗くなるのはおかしなことです。

結局は脳が私たちの気分を決めています。脳が楽しければいい脳内物質が出て、困難に立ち向かう元気が湧いてきます。

なのに、脳があれこれ否定的なことを考えて気分を悪くしていたら、良くない脳内物質が分泌されて、どんどん気分が落ち込んで、体調まで悪くなってしまうこともあるんです。

深刻なことこそ楽しく、その状況をいかにしてハッピーに乗り越えるかということを重要視した方がいいよ、というお話でした。

そうはいってもなかなか難しいよね、と思う方もたくさんいらっしゃるでしょうから、明日はある「哲学」を通して、前向きな考え方を習慣にする方法をお教えしたいと思います。

☆★☆体験セッション受付中!☆ ★☆
*skypeやZOOMによる
 オンラインセッションとなります。
 全国どこからでもOK!
*体験セッションは60分
 4,800円と超おトク!
*さらに、体験セッションから
 12ステップセッションへ
 引き続きお申込みくださった方には、
 2万円の割引が適応されます。
*ご興味のある方は、
 お問い合わせフォームから
 ご連絡ください。
  ↓ ↓ ↓ ↓ 
 お問い合わせフォーム
 メール:m.kayamori0701あっとまーくgmail.com
 Facebook:スピリチュアルライフコーチ 栢森まこと
☆★☆★☆★☆★☆ ★☆★☆★☆

ピックアップ記事

  1. 好きなものは堂々と好きと言おう

関連記事

  1. スピリチュアルなおはなし

    仕事にやりがいを感じられないと必ず◯◯◯に影響が出ます

    先週末の土日、浅草橋で行われたヒーリングマーケットという癒しイベント…

  2. スピリチュアルなおはなし

    2019 セドナ体験記⑦

    さて、いよいよセドナ滞在最終日の朝を迎えます。最後の朝なので…

  3. スピリチュアルなおはなし

    ライフコーチングで変われる人、変われない人

    私は昔から単純で、素直だと言われてきました。小さい頃はお友達…

  4. スピリチュアルなおはなし

    永遠の野球少年と魂の計画

     私は子供のころから野球が大好きでした。 小学生の夏休みに、高校野球…

  5. スピリチュアルなおはなし

    忠臣蔵:元禄赤穂事件からの学び①

    12月もいよいよ半ばにさしかかりました。毎年この時期になると…

  6. スピリチュアルなおはなし

    自分でも気づいていない自分のこと、知りたくありませんか?

    サイキックリーディングの一つ、パワーストーンリーディングを体験された…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. わたしのヒストリー

    横浜市の病院に就職したころのこと —人生の棚おろし⑭—
  2. スピリチュアルなおはなし

    宇宙に応援されていると感じた出来事について
  3. スピリチュアルなおはなし

    現代人は時間の奴隷
  4. スピリチュアルなおはなし

    自分にとっての「あたりまえ」は他者にとっての「未知のもの」かも知れない
  5. スピリチュアルなおはなし

    2019 セドナ体験記⑧
PAGE TOP