スピリチュアルなおはなし

無駄にエネルギーを摂取して、無駄に排出しているわたしたち

現代日本人は有り余る食料を必要以上に摂取して蓄積させ病気を生むか、生産活動に寄与しない動きによって過剰なエネルギーを排出しているか、どちらかになってしまっていることに気づくべきときです。

こんにちわ。
生き方迷子からの脱出をサポートする
スピリチュアルライフコーチ
栢森(かやもり)まことです。

私がフリーランスナースというものに強く興味を惹かれることになったきっかけを作ってくださった、山咲凛子さんという方がいらっしゃいます。

この方はまだフリーランスで働く看護師が少なかった時代から、ご自身でビジネスを始められ、看護師が医師に頼らなくても活動可能な分野である「予防」について世の中に広める活動をされています。

ちょうど1年前、当時の仕事に心身ともに疲弊していた私は、組織で働くことの限界を感じて、別の働き方を模索していました。

そんなときに凛子さんと出会ったのですが、当時はあまり「予防」ということについてピンとこなかったんですよね。

でもこの1年間、組織勤めをこれで最後と決めて、色々と見聞きし感じてきたことを総合してみれば、やはりこれからの時代は「予防」が最重要課題であると実感したんです。

それは何故か。

私が担当していた、回復期リハビリテーション病棟に入院してくる、患者さんたちとの出会いがきっかけでした。

ほんの2ヶ月ほど前までは、他の人と変わらず元気に話し、自分の足で歩き、自分の口から食べて笑って生活していたであろう人たちが、半身麻痺になったり鼻の管から強制的に流動食を流し込まれるような状況になっているのを目にして、昔からそういった患者さんに接してきたのに感じなかった理不尽な思いが湧いてくるようになったんです。

「この人達、自分のことをもう少し顧みていたら、こんなことにはならなかっただろうに・・・」

バランスの取れた適量の食事を摂り、適度にからだを動かし、身の回りのことに感謝しながら、自分の役割を適切にまっとうする。そういう生活を続けていれば、きっといつまでも元気でいられたはずなのに。

食べたいものを食べたいだけ食べ、家のこともたいしてしないから身体を動かすこともあまりなく、自分勝手な振る舞いを続けて、ストレスフルな仕事に過剰なまでに没頭する。

そんなことを続けていたらどうなるか、少し考えてみてもわかりますよね?

特に食に関してですが、今は手軽にどこでも食べるものが手に入り、調理をしなくてもお腹が満たされる時代です。

昔むかしの人たちは、食べるために狩りをしたり食物を育てたり、木の実を取ったりしていました。それ自体が労働であり、労働で失ったエネルギーは労働の結果得られた食物で補填されていた、つまり無駄が一切なかったんですね。

なのに今は、労働で消費したエネルギー以上のものを簡単に口にして、皮下脂肪や毒素という形で自らの中に溜め込んでいる人、とっても多いと思うんです。

現代人の生活環境が昔とは違うので、それも仕方ないと思いながら生きてきましたが、忙しくて食事を作るヒマがなくて添加物いっぱいのお弁当やレトルト、できあいのものを摂取して不健康になっていくという図式は、やっぱりどこかが破綻しているように思えて、悶々としていたんです。

先日、山咲凛子さんの動画を観ていたら、まさにそのことを話していて、「ああやっぱりそうだよなー」とスッキリしました。

カンタンに手に入る美味しいものを摂りすぎて、身体に溜め込んでしまったエネルギーを、ジムに行って運動して消費するというこの形。

一見、良い健康習慣のように感じます。

でも、よく考えてみると、そこには大きな無駄があることに、気づきませんか?

無駄に摂取したエネルギーを、ジムでの運動という何にも利用できないエネルギーとして放散しているんです。

一方で、貧困や飢餓にあえぎ、充分な食物を摂ることができす、死んでいく人たちも大勢います。

何かを感じませんか?

もちろん、世界の食糧事情を個人がどうにかできるわけではないかも知れない。でもそのことを意識する人が増えるだけで、いろんなことが変わってくると思うんです。

無駄に放散するくらないなら、無駄に摂取しなければいいんですよね?

ジムに行くのには時間もお金もかかります。もちろん、運動することが好きで、それが生きる理由の一つになっているという方は、ぜひ続けてください。

でも、運動が好きだとか、体調管理のためだとかいう目的で積極的にするのではなく、痩せるために仕方なく運動をするという考えであれば、ちょっと立ち止まってみて欲しいんです。

最初から必要以上は摂らないこと、そして摂った分は自然や社会に還元する形で放散すること。

これが本来、宇宙に生かされている人間である私達が、宇宙のためにできることなのではないでしょうか。

具体的には、家の掃除や片付けをして、気分良く毎日を過ごすことができる環境にするだとか。

ガーデニングをして植物を育てるだとか。

地域の活動に参加して、社会とのつながりを深めるだとか。

もちろん、仕事にエネルギーを注ぐのもいいですね。
(ただし、疲労困憊してしまうと無駄にエネルギーを摂取したくなってしまうので、要注意です!)

この「無駄なエネルギー」の話、ぜひ一度考えてみてくださいね^^

無料ビデオ講座つきメルマガやってます♪
      ↓↓↓

https://mail.os7.biz/add/sD4r

<健康に関するイベントはいよいよ来週末開催!>

ホリスティックに看護と介護を考える会 キックオフミーティング

抗ウイルス作用のあるアロマディフューザーを、お申込み先着30名様にプレゼント!!

(本名の「松井美穂」で活動しております^^)

不安が解消して元気が出るような、そんな会にしたいと企んでおります✨

お席がだいぶ埋まってきていますので、ご興味のある方は下のリンクからお申し込み/お問い合わせをどうぞ!

ホリスティックに看護と介護を考える会 キックオフミーティング

https://form.run/@s–4465

☆★☆体験セッション受付中!☆ ★☆
*skypeやZOOMによる
 オンラインセッションとなります。
 全国どこからでもOK!
*体験セッションは60分
 4,800円と超おトク!
*さらに、体験セッションから
 12ステップセッションへ
 引き続きお申込みくださった方には、
 2万円の割引が適応されます。
*ご興味のある方は、
 お問い合わせフォームから
 ご連絡ください。
  ↓ ↓ ↓ ↓ 
 お問い合わせフォーム
 メール:m.kayamori0701あっとまーくgmail.com
 Facebook:スピリチュアルライフコーチ 栢森まこと
☆★☆★☆★☆★☆ ★☆★☆★☆

ピックアップ記事

  1. 好きなものは堂々と好きと言おう

関連記事

  1. スピリチュアルなおはなし

    私が「遺言だと思って聴いてください」と言う時

     遺言という言葉の響きは、あまり居心地のいいものではありません。…

  2. スピリチュアルなおはなし

    身体がこころに及ぼす影響の大きさについて

     気分がすぐれないと体調まで悪くなってしまうことってありますよね。…

  3. スピリチュアルなおはなし

    ハグのちから

    日本には、ハグという文化がありません。20代の頃に渡英して、…

  4. スピリチュアルなおはなし

    人生の残り時間を無駄にしたくない

    今日から二日間、約半年続いたライフコーチ養成講座のラスト講義がありま…

  5. スピリチュアルなおはなし

    日本人の柔軟性が国家を発展させた

    今年はこれまで風邪を引いていなかったのですが、最後の最後に大きいのを…

  6. スピリチュアルなおはなし

    潜在意識は記憶の貯蔵庫

     12ステップセッションをやっていると、忘れていたはずの記憶がふと呼…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. スピリチュアルなおはなし

    人生の目的を知ってしまったら もうグズグズしてはいられない
  2. スピリチュアルなおはなし

    パラサイトシングルと介護の問題
  3. スピリチュアルなおはなし

    「星に願いを」が正しい理由
  4. スピリチュアルなおはなし

    2019 セドナ体験記 番外編
  5. スピリチュアルなおはなし

    繰り返す歴史から私たちが学べること
PAGE TOP