スピリチュアルなおはなし

自分が満たされていなければ 人は満たせない

 自分さえ頑張れば、自分さえ我慢すれば、そう思ってしまうことがあります。

 辛い状況に置かれ、どんどん疲弊していくのがわかっていても、ここでわがままを言ってはいけない、自分が我慢すれば周囲は何も変わらない、波風立てないようにするには、自分がわがままを言わなければいい。

 そしてそう思っているうちに、その状況に慣れてきてしまい、気付かないうちに心身がすり減ってしまいます。気づいたときにはもうそこから動く気力も体力も残っておらず、鬱々とした日々をただやりすごすだけの、あきらめにも似た感情に支配されるようになってしまいます。

 そうやって、ただ「日常をやりすごしている」だけの人生を生きている人が、この世の中、特に現代日本にはとても多いのではないでしょうか。

 「自分なんて所詮こんなもの」「現実なんて辛いだけ」「生きてても楽しいことなんて滅多にないものだ」そんな風に自分に言い聞かせ、自分の現状を正当化してしまう。誰かのため、何かのためには、自分が犠牲になることは仕方がないと、そんな風に思い込んでいる人って、本当に多いんじゃないかと思います。

 私もそうでした。子供が生まれ、シングルマザーとして育てていかなければならなくなってしまったその瞬間から、優先させるべきことが大きく変わっこともあるかも知れません。管理職になって、組織の中にある重圧のようなものを感じるようになってからは特に、仕事でも私生活でも身動きの取れない状態に追い込まれていたような気がします。

 それが日常になってしまうと、自分にとってその状態が当たり前なことで、他の世界があるなんてとても思えなくなってしまいます。置かれた環境で頑張るしかないと、何故だか思い込んでしまうのです。

 そして自己犠牲が当たり前になってしまうと、自分が満たされない状態が続いてしまいます。自分が満たされていない状態、つまり幸せを感じられない状態では、人を幸せにすることはできません。
 笑顔があるところに人は惹かれて行きます。楽しい場所に人は集まり、ハッピーな波動を持つ人のところに引き寄せられていきます。一方、自分が幸せだと感じていない人のところには、同じように不幸の波動を持つ人が自然と集まってくるものです。そして自己憐憫と傷の舐め合いに終始し、世間や幸せな人たちに対する敵意をむき出しにすることで、犠牲者マインドの波動がますます強まり、結果的に幸せから遠ざかることになってしまいます。

 まるで世間が敵のように見えていたことが、私にもありました。今思うと、何故あんなに殻に閉じこもっていたのだろうと不思議なくらいですが、きっと犠牲者マインドが強くなっていて、社会全体が自分の敵であるように思えたのだろうと思います。自分の身は自分で守らなければいけないし、他人は誰も信じられない、誰も頼れない。そんな風に思い込んでますます自分を追い込んでいたのでしょう。仕事に行き詰まったり、生活に疲れたりして、自分が満たされていない状態だったのだと、今になって思います。

 シャンパンタワーをご存知ですか?
 シャンパングラスをピラミッド型に積んだものに、てっぺんからシャンパンを注ぐと、最初のグラスが満たされて溢れたシャンパンが次々と下のグラスに注がれていき、最終的にはすべてのグラスが満たされるというものです。
 この状態、グラスが満たされて初めて次のグラスにシャンパンが注がれるという現象を、シャンパンタワーの法則といいます。

 私たち人間にも、このシャンパンタワーの法則がそっくりそのまま適用できます。まず自分のグラスが満たされることで、初めて次のグラスを満たすことができるのです。自分のグラスに少ししかシャンパンが注がれていないのに、誰かにそのシャンパンを注いであげてしまっては、相手も満たされることはないし、何より自分が干からびてしまいます。自分さえ我慢すればいいと考えて、他者のためにとばかり行動していると、自分も他者も満たされないまま、しまいには病気になったり死を選んだりという末路にたどり着いてしまうのではないかと、それが現代日本の自殺者やうつ病患者の多さに繋がっているのではないかと感じます。

 もしも自分の中にそんな犠牲者マインドがあるとしたら、ちょっと立ち止まって考えてみる時間を持つことをおすすめします。やりたいことがあるのを我慢して、家族のためにやりがいのない仕事を続けているとか、自分の人生を生きておらず、他者のためにだけ生きているような感覚を持ったまま鬱々と過ごしているだとか、そんな違和感を持ち続けていることに気づいたら、周囲にも自分にも悪い影響を与えているのかもしれないと考えてみてください。

 まずは自分のグラスを満たすこと。自分が幸せと感じることができる環境に身を置くこと、他者を満たすのはそれからです。

 自分が幸せだと感じられれば、自然と周囲もその波動に影響されていきます。

 大切な人たちのためにも、まずは自分が幸せになりましょう♪^^

 

☆★☆★☆★☆★☆ 体験セッション受付中! ☆★☆★☆★☆ ★☆
  *skypeやZOOMによるオンラインセッションとなります。
   全国どこからでもOK!
  *体験セッションは60分4,800円と超おトク!
  *さらに、体験セッションから12ステップセッションへ引き続き
   お申込みくださった方には、12ステップセッションに2万円の
   割引が適応されます。
  *ご興味のある方は、メールまたはFacebookのメッセンジャーから
   ご連絡ください。
      メール:m.kayamori0701@gmail.com
      Facebook:スピリチュアルライフコーチ 栢森まこと
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆ ★☆★☆★☆

ピックアップ記事

  1. 好きなものは堂々と好きと言おう

関連記事

  1. スピリチュアルなおはなし

    ハグのちから

    日本には、ハグという文化がありません。20代の頃に渡英して、…

  2. スピリチュアルなおはなし

    この世に誰かが存在し始めた日

     誕生日が特に楽しいと思えなくなったのはいつ頃からだったでしょうか。…

  3. スピリチュアルなおはなし

    習慣を変えることのすごい意味

     引き寄せの法則が一般的に知られるようになっていますが、望むものを引…

  4. スピリチュアルなおはなし

    逆境を越えるために必要な3つのこと

     人生には逆境がつきものです。 順風満帆のまま一生を終えるこ…

  5. スピリチュアルなおはなし

    金賞と 娘の涙

     昨日は私に起きた奇蹟について書きましたが、今日は私の中学二年生の娘…

  6. スピリチュアルなおはなし

    人生の青写真通りに生きないと病気になる!?

    人生の青写真、それは今回の人生をあなたがどう生きるかをあなた自身が決…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. スピリチュアルなおはなし

    自分を変えたいなら つきあう人たちを選ぼう
  2. スピリチュアルなおはなし

    以前の職場の同僚たちと会って感じたこと
  3. スピリチュアルなおはなし

    誰だっていつからだって変われます
  4. わたしのヒストリー

    人生最大の逆風(2)—人生の棚おろし㉜—
  5. スピリチュアルなおはなし

    痛みや不安を軽くするためには
PAGE TOP