スピリチュアルなおはなし

病気を作らないために① ―毒物を遠ざける―

昨日の記事「病気はあなたの中で作られている」で、個人の生活習慣や考え方によって病気のタネが作られ、それを育てているのだということを書きました。

今日からは、病気のタネを作らず、育てないために必要なことをシリーズでお伝えしていきます。

まず第一弾の今日は、「毒物を遠ざける」ということについてお話したいと思います。

私たちの身の回りには、様々な「体に悪いもの」があります。

普段は意識しないでいるので、それらの「体に悪いもの」を知らず知らず大量に摂取してしまっています。

そのうちの一つが、カフェインです。

カフェインは色々なものに含まれていて、その薬理作用として、中枢神経を刺激することによって覚醒状態を作り出し、集中しやすい状態にしたり疲れを感じにくい状態にするという特徴があります。

最近よく見かけるエナジードリンクと呼ばれるものには、カフェインがとってもたくさん含まれています。

疲れている時に飲むと目が覚めて疲れを感じなくなるのは、カフェインの効能なんですね。

この覚醒状態という言葉を聞いて、何か他に思い浮かぶものはありませんか?

そうです。
覚醒剤が思い浮かびますよね。

つまり、カフェインには覚醒剤と同じような効果があるということなんです。

そう聞くと、良くないものだということが簡単にイメージできますね。

覚醒状態の中で、集中力を作り出し疲れないで作業ができるということは、心身にムチを打っているのと同じことです。

本当は疲れていて、休息を欲している状態の時に、痩せ馬にムチを打って走らせているようなものです。

ですから当然、あとで大きな反動が来ます。

エナジードリンクやユン〇ルなどの栄養剤を飲んだあと、一気に疲労がやってきたり眠気が強くなったりした経験はありませんか?

ドラッグをやめる時、離脱症状が強く出て苦しむというのを聞いたことがあるかと思いますが、まさにこの状態と同じなのがカフェインの離脱症状なのです。

他の離脱症状として、頭痛や吐き気、イライラなどの症状を感じる人もいます。

また、カフェインは強制的に中枢神経を刺激するので、コーヒーを飲むと心臓がドキドキするという人もいます。

これも無駄に心臓に負担をかけているということにほかなりません。

私はコーヒーが好きで毎日飲んでいましたが、カフェインの毒性について学んでから、コーヒーはもちろんカフェインの含まれている物を摂るのを止めました。

最初の頃は、「コーヒーを飲まない人生なんて!」と思っていましたが、慣れてしまえば意外と大丈夫なものです。

時々コーヒーのいい匂いがしてくると、飲みたいような気になることもありますが、それは単に気分の問題なので、別のことに意識を切り替えてしまえば、その欲求を退けることができています。

他に気を付けたいのは、加工品に含まれる大量の添加物とアルコール、ニコチンやタールなどです。

これらの物質が体に対して良くないものだということは、なんとなくお分かりいただけると思います。

食品添加物は、厚労省に無害であると認められているものですから、食べたからすぐに体調が悪くなるわけではないし、それらが直接何かの病を引き起こすと科学的に証明されているわけではありません。

ですが、昨日もお話したように、科学で証明されていなければそれは無いものであるという考え方は、とても危険です。

少量であれば体に影響がないとされているものであっても、毎日のように摂取を続けていれば、肝臓や腎臓、腸の中などに蓄積されていき、やがて病気のタネとなることもあります。

アルコールも摂取しすぎると肝臓に影響を与えることになりますし、痛風などの病気の原因になることは周知のとおりです。

そして、ニコチンやタールに関しては、もうその毒性について異を唱える方はいないでしょう。

これらの毒物は、すぐには影響を及ぼすことはなくても、少しずつ少しずつ体の中で育っていき、やがて病気という大輪の花を咲かせるタネであると考えてみて欲しいと思います。

病気にならないためにどうすればいいか、それはまず、毒物を摂ることを止めることです。

ただ、普通に生活しているとこれらを全く摂らないということは難しいと思います。
摂らないように意識することが大切なのです。

たとえ摂取することになったとしても、意識していれば摂取量を大幅に減らすことができます。

そうすることで、病気の種が育つ速度を遅くすることができるというわけなんですね。

こうしてみてくると、私たちは思った以上に、自ら病気になるために毒物を取り込んでいるということが、イメージできるかと思います。

これらすべてを突然断つのは大変だと思うので、何か一つずつから始めてみてはいかがでしょうか。

私はカフェインとアルコールを日常的に摂るのをやめてから、体調の波が非常に少なくなりました。

もともとHSPでエンパスなため、体調を崩しやすいタイプだったのですが、今では便秘も治り強い疲れを感じることもあまりありません。

生活の質が向上したというような印象すらあります。

朝の目覚めもスッキリです(以前は朝起きるのは拷問としか思っていませんでしたが、今はまったく問題ナシです!)

この変化を感じてしまうと、もう後には戻れません。

体調に不安がある方は特に、何か一つでも変えてみることをお勧めします。

次回は逆に、摂取した方がいいものについてお話したいと思います。

☆★☆★☆★☆★☆ 体験セッション受付中! ☆★☆★☆★☆ ★☆
  *skypeやZOOMによるオンラインセッションとなります。
   全国どこからでもOK!
  *体験セッションは60分4,800円と超おトク!
  *さらに、体験セッションから12ステップセッションへ引き続き
   お申込みくださった方には、12ステップセッションに2万円の
   割引が適応されます。
  *ご興味のある方は、メールまたはFacebookのメッセンジャーから
   ご連絡ください。
      メール:m.kayamori0701@gmail.com
      Facebook:スピリチュアルライフコーチ 栢森まこと
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆ ★☆★☆★☆

ピックアップ記事

  1. 好きなものは堂々と好きと言おう

関連記事

  1. スピリチュアルなおはなし

    自分でも気づいていない自分のこと、知りたくありませんか?

    サイキックリーディングの一つ、パワーストーンリーディングを体験された…

  2. スピリチュアルなおはなし

    怪我の功名と宇宙の采配

     数年前、私は生まれて初めて足を骨折して、一カ月間のギプス生活を送り…

  3. スピリチュアルなおはなし

    瞑想中に降りてくる夢の話

     私は毎朝毎晩瞑想をしています。瞑想には多くの効果があり、心身が安定…

  4. スピリチュアルなおはなし

    2019 セドナ体験記②

    前回の記事、「2019 セドナ体験記①」ではセドナに到着した時までを…

  5. スピリチュアルなおはなし

    時代によって価値観ってすごく変わりますよね。

    日本はかつての物質的な時代から、精神的な時代に変わりつつあると言われ…

  6. スピリチュアルなおはなし

    節分って1年に何回あるでしょうか?

    今日は2月4日、立春です。春が立つと書いて、立春。暦…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. スピリチュアルなおはなし

    時には自分をたくさん褒めてあげよう
  2. スピリチュアルなおはなし

    人を成長させる宇宙のお試しとは?
  3. わたしのヒストリー

    出産のころ -人生の棚おろし⑲-
  4. スピリチュアルなおはなし

    月は太陽の光を受けて輝いている
  5. わたしのヒストリー

    落ちこぼれだった高校時代 —人生の棚おろし③—
PAGE TOP